にほんブログ村 教育ブログへ

頭の使い方のコツ

頭の使い方 って 教わりました?

わたしは 残念ながら 教わった記憶がありません。

社会人になって 頭の使い方について
はじめて 意識しました。

そして
子どもの時、「勉強」以前に
「頭の使い方」を 教えて欲しかったなあ
と 思った記憶があります。

頭の使い方 の コツ 第1歩は
「脳のクセ」を知る ことです。

脳が、喜ぶことを してあげると
ラクに 楽しく 自主的 且つ 継続的に
同じ行動をすることが できます。

どんな時 脳は 喜ぶのでしょう?

それは…

ひらめいた 時です♪

「あっ!!!」という 瞬間です。

頭の中の 電球が パっと 灯った…
あの瞬間です。

それを知った上で
頭を 使ってみましょう。

ひらめき
気付き

を大切に 頭を使ってみましょう。

今までと ちょっと違う視点で 物事を見る事ができるかもしれません。
今までと ちょっと違う感じ方が できるかもしれません。
~何気なく見過ごしていたことが 刺激的に 感じられるかもしれません~

みんなが 持っている 脳のパワー。
それを引き出す方法が もっと知られれば
みんなが 自分のことを もっとスゴイ と信じられるようになるし
自分のことを もっとスキになれるんじゃないかな…
なんて 考えています。

だから わたしは 1人でも多くの子どもに
「できる」「できない」は 頭の使い方を
知っているか 知らないか の違いだけで
能力の違いでは ないんだよ♪
ということを 伝えていきます。



できる子 と できない子 の違い

いわゆる「できる子」と「できない子」の違いって
何でしょうか?

できる できない という表現は 妥当ではないかもしれません。

学校の勉強ができる…だけでなく
機転が利く とか
しっかりしている とか
そんな風に 表現できることについてのお話です。

10年以上 学習塾を運営していて
気付いたことは、

「できる子は、〝頭の使い方〟〝学習のやり方〟を知っている」ということです。

できない子は?

その逆で
〝頭の使い方〟を知らない。そして、
〝学習のやり方〟を知らないのです。

そんな子に対して
「もっと しっかりがんばりなさい」
「集中して やりなさい」
「キチンと やりなさい」
なんて 声を掛けても かわいそうですよね。

「しっかり」って?
「何」を集中してやるの?
「キチンと」って どんな感じ?

私達 大人が 意識的に伝えてあげなければならないことは
「やり方」を 教えることです。

そして「やり方」という 作業を伝えるだけで
終わってはいけません。

なぜ そうやるといいのか?という 理由も
一緒に 伝えてあげる必要があります。

なんで どうして が分かっていると
納得して 動きやすくなります。

・命令して子どもを動かす
・上から 押さえつけて 子どもを行動させる

のではなく

本人が 納得したので
本人の意志で 行動に移せる

という状態になるのが ベストだと思います。

さて、具体的に
「やり方」とは どんなもの なんでしょうか?

それは 次回の「頭の使い方のコツ」に
したためたいと 思います。






イメージの必要性

本日は 週1でやっているテニスを楽しんできました。

午前中 10時~12時
市の体育館で 2面を使って やっています。

プロの テニスコーチに指導を受けられます。

そんな中で、本日の気付き・・・

バックボレーについて

わたしは できる限り 打点を前にしようとイメージしていました。

しかし コーチからもらったアドバイスは
できるだけ 自分に近づけてから、というもの。

それと グリップ。

横からにぎる、これがわたしの握り方。

しかし コーチからのアドバイスは

①左手でラケットを目の高さに持つ
②右手でそのまま握る

こうすると 今までの握り方より
若干 薄く握る形になりました。

コーチは 「グリップを無理して変える必要はない」
と おっしゃっていましたが
その後の練習で
この2つの方法を試してみました。

上記の握り方をして
自分に近づけて 打つ。

切る 感覚ではなく
パーンと はじく感じで打つ。

構えている時
ラケットを立てることも 意識してみました。

すると…
苦手なバックボレーが
気持ちよく ヒットするように なりました。

打ち方 という 技術よりも
どんな感じか という イメージを
入れたほうが
たやすく 変化できるんですね。

自分で 自分に 驚いています。

せっかく 見えたイメージが
来週は 消えてなくなっていた…なんてことに
ならないよう、1週間 イメージし続けてみます。

さて 来週のバックボレーは どうなるでしょう♪
是非とも 今日のような 当たりを出したいです♪








その後の踊り

新潟 十日町 本日の天気は 雪 です。
しめったツブの 雪が パラパラと 音を立てて降っています。

いつもでしたら 教室で ガンガン石油ストーブをたいて
授業準備をしていますが
今日は ストーブなしで やれています。

寒くないワケでは ないですよ。

動いたので 体が 暖まっているんですよ。

今日も 踊りの自主練してきました。
(「卒業を祝う会」をご参照下さい。)

カーペットの 張ってある教室で
キビキビした 動きを心掛けながら
振り付けを 頭に 叩き込んできました(笑)

【脳】の性質を 知っていると
自分の 得意分野でない 分野のことも
段階を追って 上手く レベルアップを図る事ができる!
という ことに 今回の 踊りを通して
気付いてしまいました!!

どういうことか?

***********

①全体像を把握する

***********

部分ごとに分けて
覚えていこうかな とも 思いましたが
細かなトコロは おいといて
まずは 全体の流れを ザクっとつかんでしまおう!
と 全体の 踊りを 何度か 確認しました。

確認した上で 部分練習も取り入れました。

***********

②一晩ねかす

***********

ある程度 練習して 頭に入れたら
寝る!
そうすると 脳が 情報を整理してくれます。

事実、「わかっちゃいるけど 動けない」という
部分が 翌日には サクっと 踊れちゃいました♪


これからも 「学び方を学ぶ」を実践することを心がけ
小さな 気付き を積み重ねて
なりたい 自分に 1歩ずつ 近づいていこう♪

踊れた自分をほめつつ
そんなコトを 考えました。






卒業を祝う会


新潟県 十日町市、本日の天気は 雨 です。

昨日は 春並みの 陽気。
それに 比べて 今日は寒いっ…
と 思いきや 雨が 降り出したら
なんだか キツイ寒さでは なくってきました。

でもって わたしは 汗ばんでいます(苦笑)

なぜって?
踊ってきたからですよ!!

娘の 卒業を祝う会 で 保護者が 芸を披露します。
(よく あるでしょ?)

それで 踊るんです。わたし。

踊り…得意じゃ ないですよ。
でも 踊れたら 格好イイかな~と思って
安易に 手を挙げてしまいました。

挙げちゃったからには
頑張らなくっちゃ♪

これから 毎日 踊りの練習です。

お手本 映像を 見ながら 踊りましたが
おかしいんです。

目からは 情報が 入ってきているのに
それが 手や 足に 伝達されないっ

同じように やれば いいだけなのに…

でも あきらめませんよお~~~~

だって わたしは 知っていますもの。

脳は 試行を繰り返して やがて 成功に 導いてくれる
と いうことを。

多くの人は この「試行」の段階で
あきらめたり 自己否定したりして
能力不足だ と勝手に理由をつけて
「成功」に行き着く前に 「試行」を やめてしまうんです。

やめませんで~

踊り続けて
娘の 卒業を祝う会で バシっと
踊らせて 頂きますわ。

ちょっと 腰が 痛くなったような ならないような
という 感じですが
踊っていけば 慣れていくでしょう♪

上手く踊れるようになったら
動画でも アップしてみましょうか?

ははっ

今日は お気楽な ぼやき…でした。


トニー・ブザン氏のスタート①

インストラクター応募の話から
始めてしまいましたが、
そもそも「マインドマップ」って
何なのでしょうか?

【MindMap】で
検索して頂くのもね~

そこで 今日は マインドマップの
生みの親である
トニー・ブザン氏が
どうやって それを生み出したのか?
について 書き綴ってまいります…
[参考文献:「ザ・マインドマップ」
        ダイヤモンド出版]


----------------------------

トニー・ブザン氏は、大学2年生の時に
頭の使い方の本を探して
図書館を 訪ねた。

しかし、そのような本は なかった。

彼は、勉強をすれば するほど
効率が落ちるし、
成果があがらない、
という「脳が悲鳴を上げる状態」に陥った。

勉強時間を減らせば、知識の吸収ができなくなるし
勉強時間をかけても 上記の状態だ。

そして、
もしかしたら

[脳の使い方]

[思考の仕方]

が 間違っているのかもしれない…
と 思い至ったのである。

----------------------------


わたしにも 当てはまります!

あなたは どうですか?

努力しない 行動しない…は 論外として
やっているのに 上手くいかない…

もし あなたが 親御さんならば
あなたの お子さんは どうですか?

やってるのに 結果につながらないのは
「やり方」が よろしくないからかも…

やらないで 結果が出ないのなら
「やり方」を知らないから
やれないで いるだけかも…

「やり方」を知らないのも
正しい「やり方」を知らないのも 
もったいない 話ですよね。

ところで「やり方」って いつ教わるんでしょう?

あなたは いつ 教わりました?

ブザン氏は 教わらなかったから
困っていたんですよね。

わたしは… 教わった記憶がありません。

「What」何を
については 学びましたが
「How to」どのように
は 教わったでしょうか?

----------------------------

ブザン氏は、
求めていた本が 見つからなかったお陰で(笑)
その 未知なる領域「頭の使い方」の研究に
足を踏み入れたのだ。

----------------------------


わたしが
子ども達に 伝えたいのは
まさしく 「頭の使い方」です。

思考プロセスの仕組みを理解して
発達させる・・・ということは
コントロール可能な ことなのです!

それは 誰でも できることです。

脳のしくみ を理解して
それを 創造的に 活用していけばね♪

そんなワケで
新潟県 十日町市の 学習塾で
「頭の使い方」を伝授しています。

それでは 今日はこの辺で…

「テスト勉強 コケない計画の立て方」おまけ

できれば こうやると
さらに イイ感じ という やり方について
書いていきます。

^^^^^^^^^^
単語を 覚える方法の実験で

テスト日まで 毎日少しずつやって 仕上げていったグループと
毎日 全単語 を学習し続けた グループでは

どちらが 成績が 良かったと 思いますか?

少しずつやりながら 繰り返して やっていった方が
成績が いいのでは?

と わたしは 思っていたのですが

結果は 反対。

毎日 全部を やり続けたグループの
成績の方が ↑ だったそうです。

^^^^^^^^^^

だから(笑)

テスト勉強でも テスト2週間前から
少しずつやって仕上げていくより

まずは 全体を ザっと やってしまってから
部分の 学習に 入っていった方が
効果的な 場合も あります。

中学生の定期テストの範囲は
たいして広くないので

全体把握
  ↓
「?」部分を 学校や 塾の先生に 質問して
内容を理解する
  ↓
テキストやワークに挑戦…

という 形で 進めていく方が
無理がないし
やりやすいと 思います。

ここで「全体」というのは
「全問題」「全内容」というワケでは ないので
お間違えの ないように。

具体的には 解説・例題・基本問題レベルのものを
ザっとやる…という 意味です。




*子ども達 1人ひとりは 素晴らしい才能を 持っています。
  でも その才能の開花の方法は ほとんど教えられていません。

*わたし達大人は 「頭の使い方」や「アプローチの仕方」を
  子ども達に 伝え・教え・導く必要が あるのでは ないでしょうか。

*「学び方を学ぶ」…これが できた子は
  自分で 自分の才能を 開花させるスイッチを
  自らの 行動で押し続けることが できるようになります。 

*才能開花のスイッチ=気付きのスイッチの押し方を
  伝えていくのが 私の仕事です。

「テスト勉強 コケない計画の立て方」その2

「また 次回…」と書き上げてから
このテーマについて 随分 先延ばし
してしまいましたね。

早速 続き いきマス→→→

1日あたり の「計算上」のペースが見えた後で
やること…

それは 内容確認です。

今までは 〝数字〟(ページ数や 日数)だけで
計画を 立ててきましたが

ココから先は 〝内容〟を見て
現実的で 具体的な 計画に
仕上げていきます。

単元や 項目の 内容に目を向けます。

ページ数を数えて 1日あたりの学習量を
計算しましたが、
「解説」ページや
半分は「例題」になっているページ
「基本内容」「まとめ問題」のページ…
などなど
1ページの密度の 濃さは
さまざまです。

実際にページをめくって
ザクっと 内容を目にしながら

更に

毎日 各教科を 学習するわけでは
ないと思うので
(1日 2~3教科の学習が
 無理のない 計画では ないでしょうか。
 但し、学校が休みの日は
 この限りでは ありません。)

2~3日おきに その教科をやるとしたら
最初に計算した
1日の学習ページを
2~3倍 する必要が あるわけです。

それも 考慮しながら
1日あたりの 学習ページ量を
決めていきましょう。

ページを折ったり
フセン紙を 貼ったり
目で見て ハっと わかる形にしていきましょう。

また、合わせて
「計画表」に
1日にやる 最初~最後のページ、
もしくは 項目名を
書き出しましょう。

試験範囲の内容について
上記のように 塊(かたまり)毎に 分けたら

そこに 実際に「いつ」やるのか、を
書き込んでいきましょう。

これで 「いつ」「何」をやればいいのか
明確になりました。

では 行動してみて下さい。

そして 学習後は 計画表の
学習済み項目 または ページに
線を引いていきましょう。

こんな感じです↓↓↓

1次関数

たかが 線を引く…
ですが これの威力は 絶大ですよ。

まずは 計画表を作成して
行動して
線を引く(やった内容を 消す )を
してみて下さい。
次の 予定も 消したくなりますよ♪

次回は、できれば こうやると
さらに イイ感じ という やり方を
紹介します。





*子ども達 1人ひとりは 素晴らしい才能を 持っています。
  でも その才能の開花の方法は ほとんど教えられていません。

*わたし達大人は 「頭の使い方」や「アプローチの仕方」を
  子ども達に 伝え・教え・導く必要が あるのでは ないでしょうか。

*「学び方を学ぶ」…これが できた子は
  自分で 自分の才能を 開花させるスイッチを
  自らの 行動で押し続けることが できるようになります。 

*才能開花のスイッチ=気付きのスイッチの押し方を
  伝えていくのが 私の仕事です。

  

インストラクター募集に応募して…②

インストラクター募集に応募して…①のつづき

前回の概要
「マインドマップインストラクター募集」の記事を見つけ
応募。そして その選考結果は…?!

メールでの 選考結果連絡の文面をコピペします(笑)

***********************

-----メール本文-----

今回は人数が限られますところ、
募集枠を大幅にうわまわる
多数の熱意ある方々より、
ご応募いただきました。

来日が迫っておりますので、
急遽、トニー・ブザン本人と
電話で選考会議を致しました。
その結果、若井 京子 様につきましては、
ぜひ研修にご参加いただきたいということになりました。 
ブザン ― 神田 チームへようこそ!

-----メール ここまで-----


やりましたあああっ!!!
それも マインドマップ創始者の
トニーブザン氏から直接講義が受けられるのです!

でも…研修を受ける権利は授かりましたが、
公認インストラクターに認定されるか否かは、
まだわかりません。

もちろん精一杯がんばってきます!
そして、お子さま・保護者さま・地域のみなさまへ、
この素晴らしい学習ツール[注:研修受講後
単なる「ツール」ではないことに気付いた]をお伝えする
伝道師となります!なってみせます!
期待していて下さい!


***********************


と、いう訳で、2006年の
11/23(木)~25(土)に、
その研修を受講したのである。

そこで、無事
【マインドマップ研修インストラクター】になり
研修後の課題を順調にこなし

インストラクターになれば
楽々と 成し遂げられるように
なると 思っていた 未来予想が…
未来予想が…
えっと…


「マインドマッパーへの道」カテゴリーで
今後も お伝えしていきマス…

テーマ : マインドマップ - ジャンル : 趣味・実用

インストラクター募集に応募して…①

2006年秋
あるメルマガで
「マインドマップインストラクター募集」
という記事を目にした。

そこから 私の 真のマインドマッパーとしての
挑戦がはじまった。

以下 その実況を中継する。

***************

今回[注:2006年秋のこと]、
マインドマップ創始者の
トニーブザン氏の要請により

神田昌典氏を代表取締役とする
ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社
(BWJ)が設立されました。

そのBWJが、
子どもの教育に注力していきたい。
人間の脳機能に自然なノート術の普及により、
いまだ見出されていない子どもたちの能力と才能、
そして何より自尊心を引き出していきたい…という思いのもと、
マインドマップを普及させる公認のインストラクターを
全国から30名募集しました。

 以前よりマインドマップの効果を知っていた私にとって、
願ってもいないチャンスでした。

正しいマインドマップの知識を身につけ、
それをみなさんに広めていける!!

でも、全国からたった30名しか選ばれない…。

不安もありましたが、選考書類の準備を整え
先月末[注:2006年10月末のこと]、郵送しました。

11/3に選考結果のメールが来ました。


【インストラクター募集に応募して…②】につづく

テーマ : マインドマップ - ジャンル : 趣味・実用

大人のためのマインドマップ基礎講座

新潟 十日町 で「学び方」を伝道しております
若井です♪

塾生たちの 創造性育成のために
マインドマップが必要なことは ブログにも書きましたが、
大人にだって 創造性は 必要ですよね!!

そこで、塾生の保護者向けに
「大人のためのマインドマップ基礎講座」も
随時開催しています。

参加者のコメントも 公開していきますね。
お楽しみに♪

家庭での声掛け

 普段の生活でちょっと意識するだけで、
色々な気付きを得ることができます。

親子で「なんでだろう?」「どうしてだろう?」と
「?」を大切に会話を楽しんでみて下さい。

子どもの創造力溢れる回答に
親御さんも気付きを得られることでしょう♪

大事なのは正解を教え込むことではなく、
プロセスを楽しむことです。

「あーかな?」「こーかな?」と
色々な意見や考え方を
お子さんが言語化できるまで待ったり導いたり、
「なんで?」「どうして?」と上手に質問して、
お子さんの論理力を育んであげましょう♪

ご家庭でのこの声掛けが、
学習力(学び方)に
多大な影響を及ぼしているのですから・・・



…新潟県十日町市という雪深い田舎で
「学び方」をテーマに
頭の使い方を 伝えています。

「塾」という場所で だけではなく
「家庭」でも 行えること、
沢山ありますからね。
そんなコトも 保護者の方には
少しずつ お伝えしています。

上記の日記は
その1例です。

「あーかな?」「こーかな?」が
どんどん膨らむ 創造力の育成に
マインドマップは欠かせません。

塾会員生徒達は、毎回の授業の中で
マインドマップを活用し、
自分が本来 持っている力を 引き出しながら
「学び方」を学び取っていくのです♪

(教室長の若井は「トニーブザン公認
マインドマップインストラクター」です)

ブログって…

学研CAIスクール十日町中央教室
育脳くらぶ*イメージあんざん/速聴どくしょ
教室長&
マインドマップ公認インストラクターの
若井京子です。

ブログって 奥が深いですね。

正直、たかが…と思ってはじめましたが
不慣れなせいか
生活しながら 常に ブログに載せる話について
思いをめぐらせてしまいます。

サクサク書ける人が うらやましい!

初ブログで こんなコト 書き綴っていきます…
という 宣言は してありますが
その後 本当にそうか?
どういう切り口で 伝えるのか?
なんで 書くのか?

などなど 色々考え出してしまいました。

ごちゃごちゃした思考を
マインドマップで 整理したうえで
書き進めようと 思っています。

テストに向けての計画の日記も
途中ですからね。

早急に 整理しますよ。

それでは また明日…文字色

「テスト勉強 コケない計画の立て方」


「テスト勉強 コケない計画の立て方」

やらなきゃならないことが 沢山!
でも 時間がない!
周りは 非協力的!

どうしようっ?!

なんてコトありません?

そんな時 どうしてます?

「書き出す」
…これ すごく 有効ですよね。

でも 書き出しただけでは
解決しませんよね(^^;

今回は 子どもの テスト対策学習計画について
やること沢山
時間ナイ
周囲は 非協力的(ガミガミうるさい?)
なんて時に どうすれば いいか
普段 小中学生に 学習内容と 方法を
指導している立場から
アドバイスを 書いていきます。

上手くいかない理由を解説しながらね♪


★中学生の定期テスト対策を
 イメージしています。




その1
「計画を立てる目的を意識する」


まず 大切なのは 何のために計画を立てるのか?
を キチンと 意識することです。

「計画を立てること」が目的になってしまうと
大抵 〝絵に描いたモチ〟計画 になってしまいます。

要するに 「理想的」な計画になってしまい
「現実的」ではない 計画に なってしまう…
という ワケなのです。

計画を立てる 目的は
試験日までに 学びとりたい内容を
そつなく やりきるため…ですよね。

その2
「全体像を 見る」


全体像とは 「試験範囲」のことです。

今回の試験は 何教科ありますか?
範囲の単元・項目数は いくつですか?
教科書、ワーク類の 範囲ページは?
などなど…

まずは 書き出してみてください。
(ここで マインドマップを 活用すると
 この後が 楽に いくんですよ♪
 「マインドマップ」については
 後日 じっくり お伝えしますね。)

その3
「準備日数を 把握する」


試験までは あと何日ですか?

試験の2~3日前は まとめ学習をすると思うので
「試験までの日数」-2日→○○日

あと、
週末には 計画通り進んでいない部分の学習や
1週間の復習をしたいので
○○日-休日数→△△日

と 計算していきましょう。

これで 試験前の 総まとめ(2日とった)も
計画通りいかなかった時の 日程(休日分)も
全体日数から 引かれました。

あとは △△日で 試験範囲の内容を
ザクっと 割ってしまいましょう。

例えば…
教科書P.53~127が 範囲で
△△日=12日の場合

127-53=74ページ

74ページ÷12日=6.1666666…ページ

*ここで 小数点以下の 処理の仕方を 質問した子がいました。

「切り捨て」てしまったら、0.1666666…ページが
日々 やり残しになってしまいますよね。

だから 繰り上げちゃいましょう。

1日あたり 7ページ を目安にすすめていくことにすれば
やり残しは でませんよね。

----------

ここまでで 1日あたり どの位のペースで
進んでいけばいいのか 見えてきたと思います。

でも この計画は あくまで「計算上」ですよね。

このままだと

 「理想的」な計画になってしまい
〝絵に描いたモチ〟計画 になってしまう 危険があります。

では この後 どうすれば いいのか?

それは また次回に お伝えしていきますね。



*子ども達 1人ひとりは 素晴らしい才能を 持っています。
  でも その才能の開花の方法は ほとんど教えられていません。

*わたし達大人は 「頭の使い方」や「アプローチの仕方」を
  子ども達に 伝え・教え・導く必要が あるのでは ないでしょうか。

*「学び方を学ぶ」…これが できた子は
  自分で 自分の才能を 開花させるスイッチを
  自らの 行動で押し続けることが できるようになります。 

*才能開花のスイッチ=気付きのスイッチの押し方を
  伝えていくのが 私の仕事です。

  

「学び方を学ぶ」本日スタート♪

新潟県の十日町市で学習塾を運営しています、若井京子です。

子ども達に 頭の使い方 を伝授すべく 日夜奮闘しています。

学習塾で 頭の使い方?
そうです。
モチロン 勉強自体も教えますが、
わたしが 伝えたいのは アプローチの仕方です。

勉強して どうなりたい?
どうやって やればいい?
何を知りたい?
どうなれば 満足?

子ども達に 適切なフォローをしながらアプローチの方法を考えてもらいます。
言われたとおりに 動くだけでは もったいない!

なんで そうやるの?
「なんで?」を意識するから
「あぁ そうやると 短時間で できるんだ」
「あぁ そうやると 楽しく やれるんだ」
「あぁ そうやると 楽に覚えられるんだ」
…なんて 色々と 気付けるワケです。

気付けたから 「また ああいう風にやってみよう♪」
なんて 次につながっていくのです。

言われたとおりに 動くだけだと
その時 だけ は やれても
次回以降に その行動がつながることは まれです。

気付いていないから その意味も理解できていないんですよ…

いえ、たまにいますよ。
次回以降も 同じ場面・似た場面で その作業を行える子。

でもね、所詮「作業」レベルなんですよ。
自分で 気付いて 意味を理解して やった場合と比べると
結果につながりにくい…

よく いるでしょ?
すんごく マジメにやっているのに 結果につながっていない子って。

わたしは 頭の使い方 ~今回の話題で言えばアプローチの方法~を伝えることによって 
子ども達1人ひとりが 元々持っている才能を
引き出したい!引き出すお手伝いをしたい!
と 思っています。

わたしは、学習塾経営(学研CAIスクール/育脳くらぶ)&講師の顔のほか、
母親(2人の娘がいます)であり
トニーブザン公認マインドマップインストラクター(BLI)でもあります。

今後、
頭の使い方の他、
勉強のこと(学力アップ・点数アップ・レベルアップ…)
学校のこと(いじめ・不登校・教育ボランティア…)
親子関係のこと(言っても聞かない・ガミガミ言ってしまう・色々心配…)

…などについて 「学び方を学ぶ」視点で つづらせて頂こうと目論んでおります♪
机上の空論では なく
実践済みの話を 展開していきます。

このブログが あなたの「気付き」につながれば サイコーですね。

それでは この辺で…
2014テスト対策授業
テスト対策授業の様子をアルバムにしました♪
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

若井京子

Author:若井京子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる