にほんブログ村 教育ブログへ

多分みんな分かってる…?!


若井です。

明日は学校行事があるので
弁当を作らなければなりません。

塾の前のスーパーに行ったら
貼紙が…

広告を見た人は
多分本気にしていないと思いますので
大丈夫ですよ。きっと…

卒業したのに…

若井です。

ちょっと気になったので
メモしておきます。

当スクールに通う 中学生たちは
3/5に無事 中学校を卒業しました。

なのに、今日学校に行きました。

「来なさい」と先生に言われたそうです。

明日、入試の前日も学校に行きます。

そこで、受験票を渡されるそうです。


卒業したのに、
自分のペースで学習できないなんて…

なんで、こんなに過保護なんだろう、
と疑問に思っています。

ナンセンスな労働観*その1

若井学舎の若井京子です。

ピーター・クライン著
「エブリデイ・ジーニアス」
の中に、ナンセンスな労働観について
述べている部分があります。

最近、
何度も読み返しています。

労働そのものに価値があるのではなく
労働によって得られる果実に 価値があるのだ。
…というような内容が書かれています。


勉強について
私がいつも思うこと・・・

学校の先生方は、
生徒や その保護者に

その宿題をやることにより
何を身につけて欲しいのか

どんな意図をもって
その宿題を出したのか

などを しっかり説明する責任が
あると思います。

生徒自ら 意味を見出して
取り組める場合はいいのですが

ほとんどの場合、
意味などは考えず
「やるべきもの」として
取り組んでいるのでは ないでしょうか。

今のままでは、
学習そのもの(宿題をやること)が大切で
学習によって何を身につけるのか
どのように学習すれば身につけられるのか
学習して身に付けた知識を
どんな場面で活用したいのか

…という大切なことを 考えずに
目の前の作業を ただこなしていく
学習になってしまいそうで
心配しています。

本音を聞きだす

若井学舎
 育脳くらぶ
 学研CAIスクールの
若井京子です。

2月末から
保護者面談と並行して
子どもたちとも 面談を行っています。

もちろん個別に・・・

どういう形で面談すればいいのか
考え込んだりもしたのですが、
今は授業中に 考えや思いを
聞かせてもらっています。

10分くらいの子もいますし
それ以上の子もいます。

昨日も そんな面談をしたのですが
その中で 新たな気づきを貰いました。


面談には マインドマップを活用しています。

塾の いいところ、
塾の こうなったらいいな、というところ(改善点)

自分の 変化
自分の めざす姿

この4つについて
質問しながら わたしが描いたり
本人に 描いてもらったり
しています。

昨日 得られた気づきは、
塾の こうなったら…という
項目についてです。

「もう少し リラックスできる環境」
と書かれていました。

どうすれば、リラックスできるかな?
「わかりません」

ううん・・・

このままでは、その環境を
作り出すことは難しいので
もう少し 具体的に
〝リラックスできる場面〟のイメージを
教えて欲しいとお願いしました。

でも、浮かばないとのこと。

例えば、
アロマで リラックスできる香りを
漂わず?

観葉植物を沢山おいて
癒し効果を高める?

リラックスできる音楽を
流す?

肩をもむ?!

…など 例を挙げて
こんな感じで リラックスできる
環境に 近づくかな?と聞いたところ
これらの方法は
イメージとは「違う」とのこと。

他の項目の枝を伸ばし、
再び この質問に戻ってきた時、
具体的な 答えが出てきました。

話をする時の 圧迫感を
緩和して欲しいとのこと。

なるほど!!
(ごめんね。
 圧迫してたんだね。)

どうなれば、圧迫感が
緩和されるかな?の問いに

その子は笑顔で答えてくれました。

???

笑顔で 何も発しません。

笑顔?

その表情が 大事なの?!

ニッコリ うなずきました。

そこで早速 その表情を
デジカメで パチリ♪

何枚か撮って
どれがいいか
本人に選んでもらいました。

私は その写真を PCの
デスクトップに 入れることを約束しました。
(PCの基本の画面で その写真が出るように
 設定する ということです。)

お恥ずかしい話ですが、
指摘されて はじめて表情の違いを
意識しました。

その子に対して、笑顔で接していたか?

その子が 笑顔の時は 確かに笑顔でしたが
その子が 不機嫌そうな顔・やる気のなさそうな顔の時は
私の表情は 険しいものだったと思います。


「この塾の改善点はありますか?」
と険しい表情で聞いても
意見は何も出てこなかったと思います。

しかし、マインドマップを間にはさみ
あーでもない こーでもない
と 話しているうちに
だんだん本音に近づいていけたし
本音を話すことを 許可してくれたのでは
ないでしょうか。

保護者面談には 以前から活用していましたが
今後は、生徒との面談にも
どんどん活用していきます!


マインドマップを学習に取り入れ、
子ども達が楽しく実力をつけられる学習が
日本の教育のスタンダードになるよう
微力ながら尽力しております。

MMの認知を広げるために、
↓応援の1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 教育ブログへ

福島からのお問合せ(ウチは新潟です)

若井学舎
 育脳くらぶ
 学研CAIスクール
若井京子です。

当塾は、新潟県十日町市にあります。

本日、電話問合せがありました。

我が子(幼児&小学生)に
「わくわく文庫」をさせたい。
売って下さい!

・・・と。

十日町弁とは 違うイントネーションなので
お住まいを 伺ったところ
「福島」とのこと…

通えませんよね…

だから、「売って下さい」になるんですね、と納得。

「わくわく文庫」は
(株)コスモトピアという会社の教材です。

学習塾・教室向けの教材・システムの開発・販売を
行っている 会社です。

(株)日本コスモトピア[TOP]

「自立学習」を目指されている
学習塾の方は、一度HPを
ご覧になってみては いかがですか?

当塾では、「わくわく文庫」を活用していますが
この春からは「ABメソッド」も運用する予定でいます。


子ども達は 楽しいことが大好きです。
頭を使うことは 本来楽しいことです。

新しい知識を吸収することや
その知識を活用することは
とても とても 楽しいことです。

元から 勉強嫌いの子なんていません。

わたし達大人が
勉強嫌いにさせてしまっているのでは
ないでしょうか。

私は 当塾の「育脳くらぶ」を通じて
子ども達が本来持っている〝脳力〟を
発揮しやすい 環境と授業を
準備しています。

楽しければ やる気がでます。

〝わくわくが脳を育てる〟

「育脳」で、
あなたのお子さんの可能性を
広げてあげませんか?

【若井学舎】>[育脳くらぶ]ご案内
2014テスト対策授業
テスト対策授業の様子をアルバムにしました♪
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

若井京子

Author:若井京子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる