にほんブログ村 教育ブログへ

中3男子、成長の証-その2

新潟県十日町市で
子ども達に
頭の使い方・思考の仕方・知識のつなげ方を
指導・支援している 若井京子です。

若井学舎の教室長でもあり
ブザン公認マインドマップインストラクターでもあります。

さて、昨日は
夏期講習前の 生徒との面談で
成長したな~という生徒の話を載せました。

その話の続き、早速いきます。



最後に 何か言い残したことない?と質問したところ
「不安」がある・・・とのこと。

夏休み がんばっても やり残しがあったらどうしよう・・・と。


やり残し・・・多分 あるでしょう。

中3だけれど 秋の大会に向けて後輩達を引っ張るリーダーなので
夏休み 勉強だけに集中することは できません。

そして、彼には 今までに積み残した課題が た~くさんあります。

それは、この面談前に描いてきてもらった
学習課題マインドマップを見ても
わかります。

でもね、前までは こんな具体的に課題を明記できなかったんですよ。

だから、やり残しがあったとしても
それは やったから気付けたことなんだ と伝えました。

そして、今思っている通り学習が進んだとしても
やはり もっとやりたかったと思うはずです。

1歩踏み出したからこそ 自分が知らないことが
沢山あることに気づける。

それは、不安なことではなく やればやるほど
色々なことが見えてきた証拠です。

目の前の課題(例えば夏休みの宿題)しかやろうとしなければ
それが完了したら終わり。

でも 真の理解や活用を望むのなら
課題が済んだか済まないか、ではなく
自分が スッキリしたのか
納得いかないままなのか、モヤモヤが残っているか、等で
振り返ることができます。

このモヤモヤ感に まっすぐに向き合った後に
真の理解・知識の活用ができるようになるのです。

・・・こんな話をした後、
「やり残しがあったらどうしよう」という思考ではなく、
「今やれることを しっかりやろう」に彼の思考は変わっていました。

そして、現在の課題をより明確にするために
1教科ごとの詳細課題マップを描き
次回授業時に 再度学習計画について相談することになりました。



やる気がない子なんて いないんですよね。

やる気を出したくなるように導けない大人がいるだけです。

きっかけを つかんだ子ども達は
周囲が やいやい言って やる気を出させようとしなくても
自分から進んで 色々なことに 取組ます。

自らの意志で 考え行動できる子ども達。
その子達は 決して 自分の幸せのためだけに
行動したりしません。

自らの行動が さまざまなことに繋がっていることを
知っています。

もっと もっと 語りたいことがありますが
長くなったので 今日はこのへんで・・・

それでは、またお会いしましょう。


関連記事

タグ : 育脳 学習 子ども

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

2014テスト対策授業
テスト対策授業の様子をアルバムにしました♪
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

若井京子

Author:若井京子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる