にほんブログ村 教育ブログへ

つきつめる その2

若井学舎
 育脳くらぶ
 学研CAIスクールの
若井京子です。

ブザン公認マインドマップインストラクターの資格を活かし
自塾で マインドマップを活用した
学習法を 伝授しています。



では、昨日の続きを・・・

マインドマップを活用して
子ども達が 頭の中のことを
見える化してくれることにより
こちらも 的確なアドバイスが行えるようになる…

というところまでは 前回の通りです。


このような具体的な活用方法だけでなく
「描く」という行為をすることにより
子ども達が 1歩踏み出すことに 慣れていきます。

どういうことか?


子ども達は分からない時
どう行動するべきか
ハッキリと教わっていないようです。

もしくは 知っていても
その行動を とることは
少ないようです。


分からなかったら 自分で調べる。
人に聞く。質問する。

この当たり前の行為が
なかなか 行動に移せないのです。


マインドマップを描くことに 慣れていくと
「分からない」ことが
「悪いこと」なのではなく
「分かる」につながる 大切な状態だと
理解できるようになります。

現在の自分の状態が
「分からない」状態だということが
分かるように なるからです。


現在与えられている情報を
マインドマップに整理することにより

分からないなりに
情報を整理できたり

「△△までは 分かっている。
あとは ○○について知りたい。」
というこに気づいたりします。


このようなことを繰り返すことにより、
「分からない」
   ↓
 行動停止
   ↓
 思考停止
という循環ではなく、

「分からない」
   ↓
現状把握・確認
 (MMを描く)
   ↓
別の視点が見つかる

何が分かればスッキリするか見つかる

全体像が見えてくる

などという、
行動したことにより
道が開けることを
数多く 経験することが
できるのです。


以上が、マインドマップを
「描く」という行為をすることにより
1歩踏み出すことに 慣れていく
しくみ です。


ちょっと ややこしかったでしょうか。


久々に
つきつめて ブログを書いてみました。


いつも この調子だと 疲れそうなので
時々一気につきつめて
書いてみたいと思います。




マインドマップを学習に取り入れ、
子ども達が楽しく実力をつけられる学習が
日本の教育のスタンダードになるよう
微力ながら尽力しております。

MMの認知を広げるために、
↓応援の1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 教育ブログへ
関連記事

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

2014テスト対策授業
テスト対策授業の様子をアルバムにしました♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

若井京子

Author:若井京子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる