にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声がけについて

若井学舎 教室長の若井京子です。

本日、
「子どもが自ら机に向かう5つの声がけポイントとは?!」
というテーマで 育脳説明会を開催しました。

クッシュボールを使ったアイスブレイクの後
早々に 5つの声がけポイントの種明かし&解説を
行いました。

その後、ご自身を振り返る「観察ワーク」を行い
我が子に対する自分の考えや思い
普段の行動について言語化していきました。

その気づきを元にして、
自分に必要なリソースを確認したり
今後の具体的な行動を明確にしていきました。


本日頂いた感想です・・・
*ナイショの部分は「○○」で置き換えています。

声がけのポイントの中では、○○の姿で
本人にイメージとして 身近な分かりやすいものを
伝えるようにしていきたいです。

他の参加者の人たちの意見が聞けて良かったです。
参考になりました。

子どもが なぜ 親の思いとは違うコトをするのか…
怒りが出る前に○○に目を向けるように 心がけてみたいと思います。

勉強や宿題をやらないと すぐグチグチ怒ってしまう自分でしたが
若井先生のアドバイスや 他の方の意見を聞ける機会があり
とても参考になりました。

子どもにとって 楽しく生活できるように
子どもの意見をよく聞いて 接していきたいと思います。

こういう機会を頂いたことによって、じっくり自分の気持ちにも
向き合う事ができたので とってもよい時間になりました。

最後には 自分で勝手に答えがでちゃうという 先生のやり方が
さすがと思いました。

自分でやらなきゃと思っていたことが この用紙1枚に
まとまったと思います。これからは、これを見て
頑張っていこうと思います。

親の言いたいことばかりを話している時は
子どもも苦しんでいたり とまどっていたりしているのだと
気づきました。

子どものことが分からないように 子どもも
親のことが分からないのだと思います。
お互いのことを 少しでも分かりあえるように
これからも ぶつかり合っていきたいと思います。

親が子どもに対して どのような感情を持っていて
どんな時に うれしかったり悲しかったりするのか
整理ができた。

子どもに対する声がけも 子どもの現状を把握→○○→
次の○○を示す、など親が意識しなければならない事がわかった。
(年齢によっても違う)

最後に「やらないことに○○を持ってみる」という言葉が
目からウロコでした。
関連記事

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

2014テスト対策授業
テスト対策授業の様子をアルバムにしました♪
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

若井京子

Author:若井京子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。