にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験の今こそ教育コーチング

新潟県十日町市の育脳学習塾
「若井学舎」の若井京子です。

新潟県の高校入試は、3月中旬。
全国的に見ると割と遅めです。

県立1本で戦う田舎の高校入試なので、
この時期、本人・親御さんのやり取りが
ギクシャクすることも・・・。

ある保護者の方から
心が揺れているメールを頂いたので
電話をしてみました。

自分の真意、実際にお子さんに伝えている言葉、その反応など
お子さんとのやり取りを伺いました。

はじめのうちは、お子さんの行動や
反応に対する言葉ばかりでしたが

色々と話を聞いていくうちに、
段々とご自身の行動を振り返られ、ポツリと
「私の聴き方が悪いんですね」という言葉。

聴い方が下手だから、子どもの本当の思いを
上手く引き出すことができず、
かえって追い込んでしまっているのでは?
とのこと。


そこで、2つの聴き方を紹介しました。

おとこのこ

1つめは、
お子さんが言った言葉をそのまま繰り返すこと。

お子さん「今日 ⚪︎⚪︎ だったんだ。」

お母さん「そうなの。今日 ⚪︎⚪︎ だったんだ。」


今までは、お子さんの話を聞き、
即 反応してしまっていたお母さん。

お子さん「今日、漢検だったんだ。」

お母さん「復習したの?意味の分からない漢字は辞書で調べなさい。
     書けなかった漢字は、何回か書いて覚えなきゃだめよ。」

お母さんが意見を言った後、お子さんはムっとしていたそうです。



お子さん「今日、模試だったんだ。」

お母さん「そうなんだ。今日、模試を受けてきたんだね。」

以上!

・・・でも聞きたい!
どうだったのか?、と。

言いたい!
復習しろよ、と。


はい、そこで2つめのアドバイス。

お母さんの意見は、お母さん自身を主語にして伝える。


お子さん「今日、模試だったんだ。」

お母さん「そうなんだ。今日、模試を受けてきたんだね。で、どうだった?」

お子さん「あんまり自信ないな。分からなかった問題もあったし・・・」

お母さん「そうか、自信がないんだ。分からない問題もあったんだね。
     お母さんだったら、早めに分からなかった問題を復習するなぁ。」

あなたがやれ!ではなく
私はこうします、ということを伝えるのです。

思っていることを我慢していても
いつか爆発します。

ですので、思っていることは きちんと伝える。

でも、相手に強要はしない。
強要すると、思い通りになってたまるか!
とかえって反抗したり、頑な態度になってしまうものです(^^;
(そういう経験を沢山積んできました)


もう1歩踏み込みたければ その後 本人の意思を確認してみましょう。

「お母さんだったら、早めに分からなかった問題を復習するなぁ。

 あなたはどうする予定?」

こんな感じで(^^)


ここで勝手に答えを設定してはいけませんよ。

「はい、私もお母さんの意見と同じです。
 早めに復習するべきだと思います。
 今から直ぐ復習して完璧にしてきます。」
・・・なんて言うはずナイですからね。
きっと・・・(^^;


ですが・・・

子どもの考えや思いを引き出そうとして聴いていると、
段々と自分で考えて行動できる子に育っていってくれるんですよ。

やらせる
を手放した方が
自らやる子
に育っていってくれるのです。


電話のお母さんは、聴き方を意識して
お子さんと話をしてみるそうです(^^)

話し始めた時に比べ、切る時の方が
声が明るくなっていました♪
関連記事

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

2014テスト対策授業
テスト対策授業の様子をアルバムにしました♪
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

若井京子

Author:若井京子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。