にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手教科の学習計画の立て方

こんにちは
育脳学習塾〜若井学舎の
若井です。

今日は、
塾ではがんばっているけれど
家庭学習がイマイチ充実しないB君について
お話します。

B君は、現在中学3年生。

中学1年生の夏休みに入会して
現在に至っています。

入会時の英語の模試結果は
「偏差値 47」
今年の夏の模試では
「偏差値 69」

英検3級も夏休み前に合格して
着実に力をつけてきています。

英語は順調に伸びてきていますが
本人曰く、数学と社会は
もう少し伸ばせそう、とのこと。

家での学習計画を立ててみるようアドバイスしましたが
苦手意識のあるものは 何から手をつければいいか分からず
計画自体が立てられない、とのこと。
頭の中がごちゃごちゃ

そこで、計画の立て方をアドバイスしました。




苦手教科の学習計画の立て方

計画を立てるのに必要なものは、
・中学内容が全て載っている参考書兼問題集
・過去の模試結果
この2点です。

-------------

1、
模試のできなかった問題をピックアップする

2、
問題集の目次を開く

3、
できなかった問題の項目に印をつける
(「正」の字でカウントしていく)

4、
(できれば)数回分の模試結果で同じ作業を行う

5、
自分の苦手傾向を確認する

6、
いつ何をやるのかを決める

-------------

ざっと流れを説明すると こんな感じです。

「5、」の苦手傾向についてですが
B君は、そうだとは思っていたけれど
ハッキリとやった方がいい項目が分かった
と言っていました。

自分の苦手は自分で“なんとなく”分かっているものですが
それが“はっきり”と分かるのが大切なのです。

苦手傾向が把握できると優先順位がつけやすくなります。

B君は、今日から期末試験の勉強が始まる前までの
1週間分の計画を立てました。

数学の空間図形
社会の世界地理

これらを、11/3の祝日までに仕上げる計画を立てました。

計画を立てただけですが
B君の表情が明るくなりました。
スッキリ爽やか

勉強をした方がいいことは分かっている

数学の図形、社会の地理、をやった方がいいことも分かっている

でも、今日やらなくても大丈夫

明日以降でも大丈夫

そのうちやろうとは思っている

いくら勉強しても英語ほどはスムーズには覚えられない

そもそも数学や社会って勉強する必要があるのか疑問に思う

やっても中々覚えられない

どうせ忘れるなら今からやるのは無駄な気がする

・・・やった方がいいと思っている自分と
やりたくない自分がせめぎ合っていたのです。

でも、
1歩踏み出せたこと、
いつまでに何をやればいいのか明確になったこと、
それが無理のない(やれそうな)計画であること、
自分で立てた計画であること、
等で、モヤモヤがスッキリしたようです。

「学習計画の立て方」を伝授することで
B君の行動を邪魔するものを
楽々と乗り越えることができました。

これからも
行動したい、行動した方がいいと感じている。
だけど動き出せない、という子たちが
自然に1歩目を踏み出せるように
1人ひとりに必要な支援をしていきます(^^)


*全て計画通りできることはマレです。
 今後も進捗状況を確認するなどして
 B君をフォローしていきます。


関連記事

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

2014テスト対策授業
テスト対策授業の様子をアルバムにしました♪
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

若井京子

Author:若井京子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。